「国道23号中勢バイパス津工区(6km)開通式」に出席する衆議院議員中川康洋

今日は雨の中ではありましたが、三重県のちょうど真ん中あたりに位置する「国道23号中勢バイパス津工区(6km)開通式」に出席し挨拶をさせていただきました。
このバイパスの開通により、津市内国道23号の渋滞解消、救急医療の時間短縮、津波など災害時の復旧支援道路の確保など多くの課題が解消されます。
三重県には、この中勢バイパスの鈴鹿工区や北勢バイパス、また東海環状自動車道や紀勢自動車道の延伸など、まだまだ取り組まなければならない課題がたくさんありますが、私も三重県出身の議員として今後も着実にそして確実に取り組んでいきたいと思います。
午後からは、三重県の創価同窓の集いに今井智広三重県議会議員、山内道明県本部青年局次長とともに出席。その後は公明党三重県本部OB議員の会の総会、県本部選対会議に出席しました。