鈴鹿市「桜の森公園」の開園式、衆議院議員中川康洋

今日は午前中、鈴鹿市に開園した「桜の森公園」の開園式に出席し、末松則子鈴鹿市長らとともに記念の植樹をさせていただきました。
この公園は、NTT西日本鈴鹿研修センターの跡地に再開発事業の一環として整備され、備蓄倉庫や災害用トイレなど防災機能も併せもった公園として2月25日に供用を開始。名称も市民の方からの公募で決定をしたそうです。
園内は子ども達が遊ぶ遊具やちびっ子広場があり、多数の桜の古木も多いため、桜の季節だけではなく年間を通して、多くの市民が訪れる公園になるのではないかと感じました。
私も今度は一度、桜の季節に鈴鹿の友人との交流も兼ね訪れてみたいと思います。