8月26日の国土交通委員会で「航空法の一部を改正する法律案」、いわゆるドローンはじめ無人航空機の飛行ルールを定める法律案について太田国交大臣はじめ国交省に質問しました。

ドローンの活用については「空の産業革命」とまで言われ、今後様々な分野での活用が期待されております。その一方で、4月の首相官邸への落下事件など、犯罪などに悪用される懸念も払拭できません。

私からは、今後もこのドローンなど無人航空機の利用の促進と安全確保のバランスを保ちながら、災害対策や産業の発展に資する方策を構築いただくよう要望いたしました。