国会での仕事をお昼で切り上げ、台風18号の豪雨による土砂災害ならびに床上浸水被害のあった三重県鳥羽市に急行。今井県議、坂倉鳥羽市議とともに現地調査を行いました。

現地では、朝7時半から8時半にかけての時間雨量が60㎜を超える猛烈な雨だったとのこと。一瞬にして山からの濁流が民家に迫り、ブロック塀を基礎から押し流すほどの勢いだったそうです。

現地調査後は鳥羽市役所で、木下副市長より市内全体の被害状況を聴取。被害箇所の一刻も早い復旧と今後の抜本的な治水、治山対策の必要性を確認しました。