今日の農林水産部会視察では、福井県が進めるロボットトラクタ(無人操縦)によるスマート農業実証プロジェクトと、石川県内JAかほくの飼料用米の取り組みを視察しました。

GPS機能を持つロボットトラクタの早期実用化は、将来の低コスト農業の実現と女性や若者の新たな雇用につながる施策であることを実感しました。

また、飼料用米の活用による養豚や畜産の飼料代の低コスト化については、現場で取り組む職員の皆さんから意欲的なお話を伺うことができました。