今日は、三重県鳥羽市の木田久主一市長、中村欣一郎県議、坂倉広子市議らとともに「鳥羽河内ダム建設事業」に関する要望を石井啓一国土交通大臣に行いました。

この地域は、先般9月9日に発生した台風18号による集中豪雨により、鳥羽河内川が氾濫し、大規模な浸水被害や護岸の決壊、土砂災害などが発生。この地域に住む皆さんからは、ダムによる治水効果を高め、地域住民の安全・安心につながる高いストック効果が求められています。

石井大臣からは、今後の事業推進に向けて国交省も応援していくとの、力強い言葉を頂くことが出来ました。