ただいま衆議院本会議において、平成28年度一般会計予算が、軽減税率導入を柱とする税制改正関連法案と国債の発行を認める特例公債法案とともに可決いたしました。