戦いもここまでくると相当苦しい。この剣ヶ峰をさらに真剣に登りきれるかどうかが勝敗の分かれ目。周りの景色など見ている余裕はもはやない。ただ上を目指すのみ!