2月22日の予算委員会第二分科会(総務省関連)において、NHKの受信料についてパソコン、携帯電話、スマホ、カーナビでのワンセグ視聴での契約のあり方に対する総務省の見解を聞きました。

室内に設置されたテレビ視聴以外での受信など、受信形態が多様化している中で、実態調査とていねいな対応、法整備の検討を求めました。

また、携帯電話等エリア整備事業、電波遮蔽事業についても説明を求めました。