4月21日の国土交通委員会で、訪日外国人を地域へ取り込む観光振興策として、三重県四日市港の大型クルーズ船寄港促進に向けた港湾機能の強化を求めました。

四日市港が京都や奈良など外国人に人気の観光地にも近い利点などを指摘した上で「さらなるクルーズ船の大型化に対応した護岸整備を計画的かつ着実に進めていくべき」と要請しました。

国交省は、寄港需要などを踏まえつつ、「四日市港の大型クルーズ船の受け入れ環境整備について、しっかりと検討する」と応じました。