本日、浜田参院議員、山内県会議員、伊藤、樋口、中川、荒木、山口四日市市会議員とともに、近鉄四日市駅前にて「憲法記念日街頭」を開催。雨の中ではありましたが足を止めて聞いていただく方もあり感謝の思いで一杯です。

山内県会議員からは、核兵器禁止条約についての公明党の取り組みを、また私からは、現在、全議員が取り組んでいる「100万人訪問・調査運動」の意義について紹介を致しました。

浜田参院議員からは、我が党は、今の憲法は国民から大変親しまれている憲法であり、その根幹の「国民主権」「基本的人権の尊重」「恒久平和主義」の三原理は今後も堅持していく考えであること。その上で時代の状況に合わせ、加憲の立場で今後の議論に臨んでいくことが紹介されました。

公明党は、今後も日本国憲法の三原理を堅持し、人間の安全保障のもと、行動する平和主義を貫いてまいります。