今日は、三重県木曽岬町の加藤町長、国土交通省中部地方整備局の塚原局長にご案内いただき、木曽川源緑地区防災ステーションならびに木曽岬町防災センターの完成式に出席致しました。

三重県の最も北部に位置する木曽岬町は、昭和34年9月の伊勢湾台風時に甚大な被害が出た地域で、町内の多くが海抜ゼロメートル地帯です。私も衆院現職時代、国土交通委員会で、この地域の津波・高潮対策を何度も訴えてまいりましたが、今日の式典への出席を機に、今後も地域の安全・安心のため尽力していくことを決意いたしました。