新名神高速道路三重・滋賀建設促進県民協議会の鈴木英敬会長(三重県知事)の国交省要望に同席する衆議院議員中川康洋

太田昭宏国土交通相(公明党)は16日、国交省で新名神高速道路三重・滋賀建設促進県民協議会の鈴木英敬会長(三重県知事)らと会い、未開通区間の早期整備に関する要望を受けた公明党の中川康洋衆院議員が同席した。

鈴木会長は、幹線道路の慢性的な交通渋滞の現状を訴え、早期開通を要請。太田国交相は高速道整備による経済効果に言及した上で、検討する考えを示した。

公明新聞2015年1月17日掲載