昨秋の衆議院解散から丸1年を迎えました。今日の街頭では、幼児教育の無償化や私立高校の授業料の実質無償化など、公明党がその総選挙で重要政策として掲げた「教育負担の軽減」のこれまでの議論および進捗状況について訴えました。

政治は結果責任!公明党は、今後も国民の皆さんにお約束した政策は、必ず実現してまいります!