衆院災害対策特別委員会は11日、火山災害の警戒・避難体制を強化する活動火山対策特措法改正案について審議を行い、公明党の中川康洋氏が質疑に立った。

この中で中川氏は、実際に災害が発生した火山における避難体制を強化するため、国が指定して避難壕(シェルター)の設置などを補助する「避難施設緊急整備地域」に言及。現在、噴火警戒レベルが2(火口周辺規制)以上の11火山のうち、8火山が同地域に未指定であることを踏まえ、「噴火の恐れが高まっている段階で(同地域を)広く指定し、シェルター設置を進めるべきだ」と述べ、事前の警戒体制を漏れなく整備するよう訴えた。

山谷えり子防災担当相は、シェルターの早期設置が「噴火から住民の命を守るために有効」との認識を示し、同地域の指定のあり方について検討していく考えを示した。

このほか中川氏は、改正案で常時観測火山周辺の自治体に設置が義務付けられる「火山防災協議会」のメンバーに、山小屋や宿泊施設などの管理人を積極的に参画させることや、不足が指摘されている火山専門家の確保・育成の必要性を主張した。

公明新聞2015年6月12日付