本日午後、衆院平和安全法制特別委員会で安全保障関連法案が可決致しました。私は、特別委員会の審議も116時間を超えており、国会での議論はこれまでかなり丁寧に重ねてきたと思います。

過去の重要法案と比べても遜色のないくらいの審議を尽くしてきており、政府・与党案の説明というものは後世にきちんと説明できる内容になってきていると思っています。また我が党はそのためにもこれまで丁寧な法案の質疑を行ってきました。

衆議院本会議での採決を経て、今後は参議院での審議が続いてまいります。私としては、国民の皆様の理解が広がるよう、今後も謙虚にまた丁寧かつ分かりやすい説明に努めてまいりたいと思います。